合氣道開祖 植芝盛平翁(1883年〜1969年)

●明治16年12月14日、紀州田辺市に生まれる。
●明治41年、坪井政之輔氏より後藤派柳生流柔術の免許を受ける。
●明治44年志あって、北海道開拓民に応募、紋別郡白滝原野の土地開発に着手。
この地で、大東流柔術の武田惣角に出会い教えを受ける。
●大正8年、京都綾部にて大本教、出口王仁三郎師に出会い心を開かれる。その後、現地にて道場植芝塾を開設する。
●大正末期、今まで習得した体術、武術を総合して武道の新境地を開設し『合氣の道』と呼称する。
●昭和2年一家で上京し、昭和6年には新宿区若松町に合氣道道場を建設する。
●戦後のアメリカ軍による武道弾圧の被害も受ける事無く、昭和30年代前半からは、海外にも普及発展する。
●昭和35年、紫綬褒章を贈られる。
●昭和39年、勲四等旭日小綬賞を受賞。
●昭和44年4月26日入神。合氣道創始の功績と普及の功により、正五位勲三等瑞宝賞を贈られる。


正氣会合氣道会長 栗田 稔先生

昭和18年東京、芝に生まれる。
17歳の時に、兄の影響を受け、合氣道本部道場(現在の合氣会)に入門。
爾来、合氣道で身を立てる事を決心され、本部道場の内弟子となり、大先生はもとより、多くの先生方の薫陶を受ける。
昭和51年、正氣会合氣道を設立、大先生の残された合氣道の真髄を後世に正しく受け継ぎ伝えるべく、日々熱のこもったご指導をされている。先生の薫陶を受けた者は、国内外に数百人、特に日本の将来を担う青少年のご指導には定評がある。

合氣道とは…
人間をはじめ、動物、植物そしてこの世の中で生きているものは全て大自然の力によって生かされている。大自然の恵みに感謝し、尊ぶ心こそ真の武道の道であるが、合氣道の根本理念もこれと同様である。大自然の持つ力とは『氣』の意味であり、すなわち氣に合する道と書いて合氣道と称するのである。
大自然の持つ、全てを分け隔てなく愛する心、万物を育成する心をもって自身の心とし、修行する道が、合氣道である。


正氣会みそぎ